鶴齢YearsBottle2020/21
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

鶴齢YearsBottle2020/21

¥5,500 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

鶴齢YearsBottleの第二弾(2020/21)は、 日本を代表するクリエイティブディレクター 佐藤可士和氏に「LINES」という自身のアイコンともいえるキービジュアルをもとに無限に組み替えられ、あらゆる可能性を秘めたデザインに仕上げていただきました。 ◆お酒について 「雄町(おまち)」という希少な酒造好適米で醸した純米大吟醸酒です。ふくよかで円みのある旨み、飲み飽きしない甘みと酸味との調和が感じられます。クリアな味わいの中で、雄町特有のコクのある旨みが味の調和を演出し、さらに雪室で仕上げた奥深い味わいが楽しめます。 容量は720mlです。 ◆2020/21年版の作家と画について 佐藤可士和 クリエイティブディレクター 1965年東京生。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。株式会社博報堂を経て2000年独立。同年「SAMURAI」設立。ブランド戦略のトータルプロデューサーとして、コンセプトの構築からコミュニケーション計画の設計、ビジュアル開発までを行う。グローバル社会に新しい視点を提示する、日本を代表するクリエイター。(主な仕事は公式サイトを参照ください。 公式サイト: kashiwasato.com ) 佐藤可士和展 新国立美術館において2021/2/3-5/10の期間で佐藤可士和展が開催されています。